狭い敷地で家を建てる時の豆知識と、埼玉の不動産会社で購入できる一戸建ての種別

HOME>オススメ情報>販売物件の種類と特徴なども含めて基礎的な知識をチェック

土地は狭くても広々とした家を建てられる

マンションの模型

狭いことで知られる日本の住宅事情ですが、狭小地に家を建てる場合が少なくないのも実情です。そして、埼玉でそのような土地にマイホームを建てる時は、設計事務所に相談するのが基礎知識となっています。設計事務所は基本的に建築プランだけを担う業者ですが、ハウスメーカーでは不得意な狭い敷地や、変形地でも素敵な家を提案してくれるのが魅力です。また、ハウスメーカーにも狭小地の住宅に力を入れている会社があり、何れも多階層にすることで限られた敷地を有効利用するのがコンセプトになります。例えば4階建てなどにして部屋数や床面積を増やしますが、3階建てオーバーの家屋は、RC造工法を検討すると良いのも不動産の豆知識です。

似ているようでも厳密には特徴が違う

男女

一軒家は埼玉でも人気の不動産ですが、分譲住宅や建売住宅などの種類があります。この2つの一戸建て物件は同意義として扱われる場合が多いものの、厳密には違った特徴を持っているのです。先ず分譲住宅ですが、これは複数の家を建築するために土地の開発整備を行い、完成した物件を分けて売り出します。土地が開発整備されているので、水道関連はもとより、都市ガスも引き込まれているのが一般的です。それに対して建売住宅は宅地に建てた一戸建てというだけで、この不動産では土地の開発整備などは売主や建築業者次第になります。

条件つきの土地と注文住宅も似ているが別物

男女

一軒家の種類には注文住宅もあり、埼玉エリアでもこのスタイルで家を用意する人が増えています。注文住宅では土地を持っていなければ先ず土地を買い、建築プランと施工会社も自分で選んでマイホームを建てるのが特徴です。似た不動産には建築条件つきの土地もありますが、こちらは施工会社が決まっているため、その業者が対応する工法の中から選んで建築することになります。つまり建築工事の請負業者を自由に選べるかどうかが、両者を明確に分けるポイントでもあるのです。

広告募集中